本文の始まりです

2016.04.26

Tanga Table スタッフ紹介 vol.12 - Staff introduction vol.12

DSC_0605
 
働く・遊ぶ・住む。この3つが徒歩15分圏内に近接し合った「くらし」をぼくは実践しそこからうまれるワクワクを地域の人々や世界に発信していく。
このまちをあじわいつくし新たな楽しみを生み出す。ぼくの日常が旅になり、それが誰かのワクワクに繋がってくれれば嬉しいなと思う。

work, play, live. these three key words make my LIFE much better, then I’d love to share what I feel with people from the world. I hope I can be a key person to transmit how awesome the trip in this area is. my life could be a journey as people say ‘life is journey’,then if it enable someone to feel excited,that would be absolutely my pleasure.
 
DSC_0689
 
そんなことを考えながらここTangaTableを素敵な仲間たちとつくっている、番頭の西方です。呼び方は「ばんとう」「にしやん」「にしかったー」等々、好きなように呼んでください♪人と話すことが好きです。お酒も好きです。
 
自宅はTangaTableから徒歩10分くらいにあるcoclass(こくらす)というシェアハウスに住んでいます。現在は3人(最大5人)のルームメイトと一緒にくらしていて、それぞれの時間と一緒にいる時間をいい具合に過ごしています。
 
10441194_10201219086839339_6986410061027244306_n
 
ぼくは正直ゲストハウスに泊まることも、シェアハウスに住むことに対しても抵抗がありました。寝るならしっかり眠れるビジネスホテルを選び、住むならプライベートな空間が保たれるワンルームマンションを選んでいました。ゲストハウス?シェアハウス?そんなの選択肢に上がらない。そんな風に考えていたのです。しかしいざ飛び込んでみると今まで避けていたことがもったいなかったなと思うほど楽しい日々がぼくを待っていてくれました。さまざまな人や出来事と繋がる喜びをぼくはここで毎日あじわっています。
 
そんな小さな喜びをこれからもここTangaTableを拠点として積み重ねていきたいと思います。

TangaTable

Hostel and Dining
"Tanga Table"

KITAKYUSHU, FUKUOKA, JAPAN.
+81-(0)93-967-6284
WWW.TANGATABLE.JP